ヨーロッパの市場の注意への輸出!EUは移動を拡大し、世界第1の「カーボン税率」を渡す!

March 25, 2022

最新の会社ニュース ヨーロッパの市場の注意への輸出!EUは移動を拡大し、世界第1の「カーボン税率」を渡す!

最も最近のニュースは、3月15日に、現地時間、エマニュエルMacron EUの加盟州がEUカーボン ボーダー税の合意に達した彼の個人的な社会的な媒体でフランスの大統領言った。

 

提案はヨーロッパ議会によって形式的に採用された後、2023年1月1日から実行され、徴税の規模はセメント、肥料、アルミニウムおよび鋼鉄のような企業をカバーする。2023年から2025まで過渡期は実行され、カーボン税率は2026年に形式的にもたらされる。

カーボン税率の形で気候変動演説する世界の最初提案にそれに全体的な貿易のための深遠な含意があるので。

 

オーストラリアの通産相は言うべきこれがある:

「私達はEUカーボン ボーダー調節のメカニズム(CBAM)が本質的に最終的に全体的な自由貿易の下を掘り、内地産のオーストラリアの輸出業者および仕事」に当るちょうど新しい保護貿易論者のメカニズムであること非常に心配している。

 

2008年には早くも、Krugmanの経済学のノーベル賞の勝者はWTOフレームワークの下で、カーボン税率の合理性の明確な仮定を提言した。

彼はカーボン税率を支払わない輸入されたプロダクトに「不公平な」比較優位がある、従って必須の排気縮小の義務を引き受けた先進国にボーダーで貿易手段を、同じようなプロダクトの外国の生産者の費用を増加するために取ることをあり、選ぶ権利が輸入高に制限を課すことを信じる。プロダクトは税免除か戻し税は故国から輸出される二酸化炭素を含んでいるプロダクトに与えられるが従って「競技場」を水平にすることの目的を達成する生産の間に含んでいるか、または出る二酸化炭素に比例して課税される。

 

EUカーボン ボーダー調節のメカニズム(CBAM)は厳密なEUよりより少ない気候変動の方針がある非EUの国でなされるプロダクトの輸入によるEUの温室効果ガスの減少の努力を相殺することを防ぐためにカーボン集中的なプロダクトの輸入が十分に国際貿易の規則に従うように要求する。それはまたカーボン集中的なプロダクトの生産の転換か輸入を防ぐのを助ける。

 

ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)の最も最近の研究のレポートは深く基幹産業のEUカーボン税率の経済的な影響を分析し、企業の利益のカーボン税率の影響が40%高い場合もあり全体の企業の鎖の会社が要された増加を感じることが分る。影響。

 

EUに輸出している外的な会社のためにカーボン税率は直接競争の景色に影響を与え、すばらしい範囲にBCGの専門家に従って貿易景色を、変える。これらの会社が彼らのカーボン足跡の減少によってニュー ディールにすぐに合わせ損ったら市場占有率を失い、他の国の他のEUの会社かよりカーボン有効な会社によって取り替えられてもよい。

 

EU CBAMは最初にセメント、電気、肥料、鋼鉄およびアルミニウムを含む5つの企業をカバーする。EUの総放出の約40%のための一緒のこの5つの企業の記述。

 

EUが信じる44の企業のほとんどは工業生産プロセスに原料を提供する材料、エネルギーおよび企業とカーボン減少、85%を必要として関連しているある。さらに、化学製品、母材、ペーパー プロダクトおよび非金属ミネラル プロダクトのような企業に、が貿易に比較的より少なく依存した、高炭素の放出強度があり、また直接影響される。

 

特定のEU CBAMは世界税関機構の調和させていたシステム専門語に基づいているヨーロッパ人の結合された専門語に従ってプロダクトを定義される覆った。基づく。

 

以下の事項に注意して下さい: 2023-2025年は輸入業者に宣言の義務および金融債務がないただEU CBAMのための過渡期として識別された。過渡期の間に、輸入業者は量の彼らの輸入されたプロダクト、彼らの総具体化された炭素放出量を毎季に報告するように要求される彼らの合計は間接放出を具体化し、カーボン価格は輸入されたプロダクトの生産国で支払をした。

 

2026年から、輸入業者は彼らの輸入されたプロダクトの具体化された炭素放出量に基づいてCBAMの証明書の対応する量を支払うように要求される。

 

ヨーロッパに輸出している私達の会社のためにプロダクトがセメント、電気、肥料、鋼鉄およびアルミニウムの5つの企業を含めば、特に製鉄業、私達は変更に注意を払わなければならない。昨年、鋼材の私の国の輸出税率の調節はかなり低価格および媒体終りの鋼材の輸出を減らした。

 

実際、昨秋の「停電および生産の減少」は既に外国貿易のためのテストだった。以下の事項に注意して下さい:これは短期事ではない!私の国が2030年までに二酸化炭素の放出を最高にするように努力すると「および約束したので2060年までにカーボン中性を」達成するように努力しなさい。これは傾向である!

 

エネルギー集中 プロダクトの輸出で従事している外国貿易の人々、企業の傾向への注意、計画を早くし、傾向にである出口続く!