サーフのスリルを楽しみ、サーフの安全にもっと注意を払いなさい!

April 24, 2022

最新の会社ニュース サーフのスリルを楽しみ、サーフの安全にもっと注意を払いなさい!

海による浜は、風明るく、環境は気持が良い。
私達がスリルを捜せば、サーフは大きい選択である。
生命は退屈していることに皆が感じれば、都市に新鮮さがない。
私達自身が行くことを許可すると私達が場所がなぜ見つけないかそれから。
多分サーフできないがそれは板で漕ぐ楽しみである。
私達は海が付いている近い接触があってもいい。
最初は、多くの人々はそれによって落胆するかもしれない。
しかし、私達それを経験できる重要ではない。
私はこの場面が皆で心を気にすることを来ることを信じる:
私達は海、少数の口いっぱいでの私達の口に時々注がれた塩気のある海水なびいた。
それは、それである飲料水もうサーフしていない。
従って、サーフするそのような状態を避けることはまた方法に注意を払うべきである。
従って私達がいかにサーフするか、それは小さい質問になる。
海にハンサムな板および突進を買うそれはあるか。
実際には、それは簡単なそれではない。
実際、サーフは海のスポーツである。
私達はまだ海岸で主に運動しなければならない。
その中、私達の初心者のサーフの警戒の価値があるの。
それは波および流れである。
結局、私達のどれも非常にwater-basedではない。
海によって育ったそれらの子供とは違って、それらは水と生まれた。
従って、流れと注意するため。
特に激浪および激浪。
私達は海に水流の法律を理解しないで急ぐべきではない。
サーフして、安全は主な関心事である。
それからフィート ロープがあれば私達がサーフしたり、板の端に。
サーフの友人はサーフボードにフィート ロープを接続することを覚える必要がある。

最新の会社ニュース サーフのスリルを楽しみ、サーフの安全にもっと注意を払いなさい!  0

海では、サーフボードは私達の救命ブイである。
サーフした場合、ほとんどの場合、私達が泳ぐ必要はないが。
しかし驚きが常にある。
私達のフィートの一口の鎖を忘れていれば、私達はサーフすることを出かけることを敢えてする。

サーフボードのコイル状の鎖を中国のGreenlifeから選びなさい、よく保護する。
波が当り、私達が板を離れてころべば、悲惨である。
私は板を追跡するために自分自身泳がなければならなかった。
右のサーフボードを選ぶ含んでいることはこの1私達にとって特に重要である。
間違った板を選ぶことはだけでなく、体力を消費するが、また危険に傾向がある。
これは実際に失望している。
longboardは私達が遊び始めるとき最もよい選択である。
異なったサイズは異なったボディ タイプに対応する。
皆が雷で歩むことを避けるために専門家の助言に従って買うことが最善である。
最後に、信頼できるコーチを選び、コーチの指導に続きなさい。
これは重大である。
ベテランのコーチが直接私達が板を押すのを助けるので。
彼は私達を持っている可能な最もよい経験を作る。
結局、Xiaojiaは夏が遊ぶべきよい季節であることに感じる。
太陽、砂および波の大気では、
私達は大胆にサーフし、人生を楽しんでもいい。